スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おゆまるとパテで今日もご飯が美味しい。



前回チラッとお見せしたこの画像ですが、チアハルヒの上半身を複製してる場面です。
IMG_2829.jpg
ガッチガチです。




今回はその手順の説明で参りましょう。

IMG_2827.jpg
まずは間接を全て抜いて、3箇所の穴にオーブン粘土を詰めます。別に練り消しでも良いかもしれません。綺麗に型を抜くのが目的ですので。
この時ベビーパウダーをオーブン粘土が接する箇所に塗布したほうが良いと思います。ワタクシは怠って後で取り除くのが大変でしたorz

そういえば、ワタクシが小学生の頃はいかに良い練り消しを持つかが一つのステータスでした。香り付きが非常に流行りましたねー。どれもこれもとんでもなく臭かったのですが(笑)特にコーラの臭いが酷かった。
思えばあの頃から粘土いじりが好きでしたね。




すみません、脱線してしまいました。

IMG_2830.jpg
今回、おゆまるを入れる器は塗料皿を使用しています。以前はわざわざダイヤブロックで組み立ててましたが、小さいサイズなら塗料皿で十分です。皿からおゆまるを剥がすのも簡単ですし、もし剥がれなくても煮れば剥がれるハズ。


型のとり方ですが、まずは片面(今回ではイエローの部分)だけを押し付け、しっかり冷えるまで待ちます。そして冷えたのを確認したらおゆまる同士が触れる箇所にベビーパウダーをしっかり塗布します。こうしないとおゆまる同士がくっついて剥がれにくくなってしまいます。

それと、煮たおゆまるはマジで熱いです。少し冷めたと思っても、今度は熱を吸収した塗料皿が物凄い熱を持ちます。単にワタクシが熱に弱いだけかもしれませんが、くれぐれも火傷にはご注意してください。朝倉さんには火傷しっぱなしですけどね!



IMG_2831.jpg
塗料皿を剥がした状態。今回は4本分のおゆまるを使用しています。





IMG_2832.jpg
透けてます。かなりギリギリの薄さでヒヤヒヤ。もう少しでおっぱいが飛び出るところでした。みくるならアウト(笑)

それにしてもおゆまるのブルーって綺麗ですね。






IMG_2834.jpg
十分に冷えたのを確認したら剥がします。





IMG_2835.jpg
すぐにでもパテを詰めたいところですが、ここでキチンと型がとれているかを確認するため、それと使用するパテの量を確認するためにオーブン粘土で型をとります。

オーブン粘土を詰める前にも型にベビーパウダーを濃い目に擦り付けます。そうでないと粘土がベタベタくっついて取りにくいんです。

今回はなかなか綺麗にできました。画像では分かりにくいですが、胸の横一文字のラインのモールドもしっかりとあります。
しかし首元のV字の青い部分とボディーの隙間におゆまるが入り込んでしまいました。粘土が型に引っ掛かって少し形が崩れてるのがお分かりかと思います。なのでここはナイフで引っ掛かる部分を削り取ります。

これを繰り返していけば綺麗な型ができるかと思います。



次はいよいよパテを詰めます(タミヤのエポキシパテを使用)。ここでもベビーパウダーをキッチリと擦りつけます。
指で詰めても良いのでしょうが、ワタクシは割り箸のお尻の平たい方にベビーパウダーを塗布してグイグイと押さえつけて詰めてます。

綺麗に詰めるコツですが、一気に詰めるのではなく、パテを半分に分けて詰めると隅々まで行き渡らせやすいと思います。この辺のやり方は力加減とか複製するパーツにもよるかと思います。


あとは一番上の画像のようにガッチガチに固定して硬化を待ちます。この待ってる時が物凄いワクテカします。


あとは固まるのを待つだけ。





おまけ
IMG_2836.jpg
寄せて上げてみました。なにやってんだろ。



スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

全記事一覧
一気読みしたい時はこちらからどうぞ。
記事一覧
プロフィール

ななみ

Author:ななみ
朝倉さん中心です。

Twitter
TweetsWind
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
おにんぎょう遊び
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。