スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

figma 036 朝比奈みくる 戦うウェイトレスver. で遊び倒そう! その1

IMG_2399.jpg
おしゃまなキューピット参上。



昨日友人と劇場版グレンラガンを観に行きました。簡単な感想は最後に。




ブル倉さん途中経過。
コピー (2) ~ IMG_2643
とりあえずペイントでブルマーとシャツのバランスを軽く確認。こんなもの…かな。ブルマーってけっこう深くまで履けるもんなんですよねー。




さて、先月末に手に入れたウェイトレスみくるです。表情パーツが限定的なところを除けばかなり遊べてオススメ。制服バージョンがあればお互いに魅力がさらにアップです。

今回はかなり長くなるので3日くらいに分割します。


それでは参りましょう。(画像はクリックで拡大します)




最初に気がついたのは太ももの肉付きが大幅に増量されたこと。
IMG_2417.jpg
左がウェイトレスVer.、右が制服Ver.です。

IMG_2418.jpg
これはたまらんです。この太ももだけでも買う価値はあります(拳を握り締めながら)。
横から見ると分かりやすいですが、足の付け根のジョイントがすっぽり隠れています。これは嬉しいです。




IMG_2488.jpg
髪の色も違います。




IMG_2490.jpg





IMG_2494.jpg
表情パーツはウインク顔とミクルビーム発射時の顔。どちらも良い感じです。

ウインク顔は大人っぽくて素敵。


ミクルビーム顔はホントにエロイです。エロイです。





おや、ハルヒがメガホンを持ったようです。

IMG_2412.jpg
「みくるちゃん!映画を撮るわよ!」

「あの…ミクルラガンはもうイヤですよ…?」

「…思い出させないでちょうだい…」





IMG_2507.jpg
K「長門ユキを退けた朝比奈ミクルと古泉イツキは平和で幸せな毎日を送っていた。嘆かわしいことに」



IMG_2509.jpg
「それではまた明日に、朝比奈さん」

「また明日!」




IMG_2512.jpg
カツン




IMG_2517.jpg
「あなたは…一体どなたですか?」

「・・・」





IMG_2520.jpg
ブワッ

「くっ、この風は・・・!?」




コピー ~ IMG_2521
「うわぁっ!」ビュオー

K「お約束の主役級のピンチ。よしよし」




IMG_2522.jpg
「こ、これは…」

K「挑戦状が来たようです」




IMG_2523.jpg
「イツキ君っ!」ダッ

K「駆けろ朝比奈ミクル。愛する男のために」




それでは今回はこの辺で失礼します。



その2へ続きます。




劇場版のグレンラガン感想です。
すんごく凝縮された内容で大満足。声優さん達もノリノリで非常に熱く、温かい作品でした。これでグレンラガンも見納めと思うと寂しいものです。

あ、それと…(ネタバレ含むので以下反転で)

まさかヨーコとニアのB地区が公式で拝めるとは思わなかったです(笑)
前作はニアのパンチラもありましたしね。パンチラはその時には気づかず、後で友人に言われて初めて気づきました。だってアディーネの脚線美に見とれてたんだもん。

個人的クライマックスであるキタンの特攻は涙が出そうになりました。さすがきーやん。素晴らしいギガドリルブレイクでした。ありがとう。

ロージェノムもアニメではなかったカテドラルラゼンガンへのハッキングシーンで見せ所が増加。切羽詰ったシーンですが正直笑ってしまいました(笑)ポリゴンロージェノムは反則です。

まさかの天元突破ガンメンたち勢揃い。ニアがガンメンに乗って戦うのは新鮮でした。第一印象は「現代版アフロダイ」ですね。

と思ったら本当の現代版アフロダイはヨーコのガンメンでしたwあの空気でおっぱいミサイルとかwww

とりあえずリボルテックシリーズははネタに困りませんね。

いつの間にかアンチスパイラルが感情を前面に。テレビ版では無機質で冷静なイメージが勝っていましたが、それが完全に覆されました。まるで聞き分けの無い子供を叱り付けるみたいな(笑)それにしても上川隆也さんがノリノリすぎる。←この辺はパンフレットにも書いてありますね。

最後はまさかのシモンとアンチスパイラルの殴り合い。前作でのロージェノムとの殴り合いを彷彿させます。
ラガンインパクトでとどめを、と思いきやドリルが砕かれた瞬間は驚きました。万事休す、というところでラガンが自分の意思を持ったかのようにシモンを投げ飛ばすシーンは良かったですね。これまでラガンが意思表示したシーンは無かったと思うのでいささか唐突ではありますが。テレビ版を制作した時から考えていたのかな。


今度こそさようならグレンラガン。そしてありがとうグレンラガン。












スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

やっぱりみくるは、いいですね♪ほしいんですが買えませんorz
グレンラガン見に行きたいです!見に行ける可能性があるので感想は、見ません(笑)

ポンデさん

お金が無いのは辛いですね。ワタクシが中学生の時はお金が無いのが当り前だったので特に辛いこともなかったのですが…。それに最近は出来の良いフィギュアが多いだけに色々欲しくなりますよね。

ワタクシは特にみくる好きではなかったのですが、このみくるを弄ってるうちにとても魅力的に見えてきました。朝倉さんの地位は揺るぎませんが。

前作の紅蓮編を圧倒する作品です。ぜひ劇場でその迫力を感じてください。
全記事一覧
一気読みしたい時はこちらからどうぞ。
記事一覧
プロフィール

ななみ

Author:ななみ
朝倉さん中心です。

Twitter
TweetsWind
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
おにんぎょう遊び
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。