スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドールとの距離感。

Twitterではドール写真をちょくちょく投稿してますが、こちらのブログで触れるのは初めてですね。シレッとTOP記事に貼ってはいますが…。

ドールと一言で言っても本当に多種多様なのですが、ワタクシが所有してるのはボークス製のDD(ドルフィードリーム)のみです。なので話の中心はDDになり、いささか限定的な意見かもしれません。


さて、ワタクシがドールを所有するようになったのが昨年4月。それまでは「なんかよくわからんけど凄い存在感の商品があるなー。でもお高いんでsy…衣装諸々そろえたら6万ぐらい…だと…!?てな具合に欲しいとか欲しくないとか以前に全く違う世界のものだという認識でした。

IMG_7196s-.jpg
クイッ

幼少の頃から人形やぬいぐるみ等、「目があるもの」が何故か苦手だったこともあり、「良いものだとはわかっているけどなんか怖い」という認識でしたが、それも最近かなり改善されました。ここ数年でドール達のメイク塗装や造形の雰囲気が徐々に変わっていっているのが大きな要因ですね。DD(ドルフィードリーム)に関して言えばPVCフィギュア達と並べてもあまり違和感を感じなくなってきています。SD(スーパードルフィー)は所有していないのでハッキリとは言えませんが、端から見てる分では昔のSDよりもポジティブな意味で生き生きしていて、非常に魅力的な世界観を演出しているように見えます。しかし初期のDDやSDをみるとまだ若干背中がゾクッとしてしまうので根本的には改善されてないかもしれません。シカタナイネ

ワタクシがドールを所有したいという願望を持つようになったのは、今まで遊んできたPVCフィギュアや、アクションフィギュアでは満足できなくなってきたためです。遊ぶ内容に限界を感じてきていました。結果としては満足していています。やはり部屋に置いとくと物凄い存在感です。

IMG_0062s-.jpg
キャミソールは正義。


さてタイトルの「ドールとの距離感」ですが、前述したとおりドールを所有して約1年経ち、幸運なことにその間に色々なドールのオーナーさんとお会いすることができました。しかしながらドールとの接し方、そして距離の取り方は十人十色です。これは個人的にはなかなかの驚きでした。何も知らない頃はみんな同じように遊んでるとばかり思っていましたので…。

この1年で拝見したそれぞれのオーナーさんのスタンスを自分なりに並べてみます。


・ドールは自分の分身、もしくは家族。会話等のコミュニケーションもバッチリ。
・時々コミュニケーションが取れる。もしくは周りのオーナーさん達の雰囲気に合わせながら
 コミュニケーションの度合いを変える。
・自分とドールは会話しないが、ドール同士は会話している。
・自室やブログの中ではドール達、及びドール同士でコミュニケーションをとっている。
・お気に入りのアニメキャラを2次元ではなく、3次元で一緒に過ごせるということに喜びを感じる。
・特にコミュニケーションは無し。メイクや衣装の着せ替えをアレンジして楽しむ。
・アレンジも特にしない。大きなアクションフィギュアとして遊んでいる。
・そもそもカメラが趣味。良い被写体としてドールを所有している。



大雑把に箇条書きにするとこんな感じでしょうか。そして外に連れ出すか否かもそれぞれ上記に加えられるかと思います。
車やプラモデルなど「物を所有する」趣味は数あれど、ここまでオーナーさんによって接し方が違うというのもそうそうないのではないかと思います(ワタクシの見識が狭いだけで他にもあるのかもしれませんが…)。
子供のごっこ遊びならともかく、車やプラモデル同士を会話させてる人は漫画等のフィクション以外ではお目にかかったことがありません。

ちなみに自分は前述したように、そもそもがフィギュアに満足できなかったので…というクチです。なので上記に照らし合わせると「特にコミュニケーションは無し。メイクや衣装の着せ替えをアレンジして楽しむ。」に加え、それを写真に撮って楽しんでいます。

上の方に書いた「ドールとコミュニケーションをとる」オーナーさんをやたらと気持ち悪がる人がいますが、何故か自分はそう感じたことはありません。内容によっては「怖い」と感じたことはありますが…。当人がエンジョイしていればそれで良しと考えています。

オーナーさんによってここまで違うのは「人格や生命をドールに対して感じているか否か」に左右されるように思えます。ワタクシは大きな着せ替えフィギュアとして楽しんでいますが、ドールに限らず人の形をしているものにはどちらかというと生命や人格を感じてしまう傾向があります。なので幼少の頃から若干の怖さを感じてしまうのかもしれません。


なんだかとりとめのない話になってしまいました。フォトカノ観なきゃ…(使命感)


IMG_7180s-.jpg
ぶっぶー





スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

全記事一覧
一気読みしたい時はこちらからどうぞ。
記事一覧
プロフィール

ななみ

Author:ななみ
朝倉さん中心です。

Twitter
TweetsWind
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
おにんぎょう遊び
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。