スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高く羽ばたけ 大空をどこまでも

「けいおん!」終わりましたね。律っちゃん可愛いなぁ。

最初にキャラデザが公開されたときは「パスやな」ってな感じでしたが…一応1話を見て見ると、あれよあれよという間に引き込まれました。

今回みたいな最終回(番外編という扱いですが)だと燃え尽き感が軽減されるのでいくぶん楽です。12話のパターンで完全に終わり!だと「唯ぃぃぃぃぃぃ!」となりかねませんし(笑)



それでは本題に。



BB戦士のシャイニングガンダムを組みました。最後にBB戦士触ったのいつだろう…。
IMG_2848.jpg
このブログさんを見てたら無性にBB戦士が欲しくなるんですよ。というわけでガンダムタイプで最も好きな機体をチョイス。




IMG_2855.jpg
だいぶ昔にもBB戦士のシャイニング(オリジナルの武器とかスーパーモードとかあったような)を組んだ覚えがあるのですが、これは凄い進化してますね。昔の自分に見せてあげたいです。


IMG_2854.jpg
頭身が非常にワタクシ好み。今回は目と額にだけシールを貼ってます。この色分けは凄いです。





IMG_2856.jpg
脚の接続方法に工夫があるのでハイキックも余裕です。バランスも良いので自立もカンタン。





食らえ!!愛と怒りと悲しみの…
IMG_2859.jpg
シャァァイニング…フィンガーソード!!

メン!メン!メーン!!


ソード部分はHG1/60シャイニングガンダムから拝借。撮影ブースを軽くはみ出してます。

たまに「突き!突き!突きー!!」もありましたね。

肩の可動範囲が半端無いです。すごく単純な方法ですが凄い。





IMG_2861.jpg
全長はこのくらい。



今回はこのくらいで失礼します。以下駄文です。





放送から15年くらい経ちますが全然魅力は色褪せませんね。ロボットアニメでは新しい機体に乗り換えるシーンがよくありますが、数ある中でも屈指の名シーンだと思います。(ちなみに2番目に好きなのは「ゾイド」でバンがブレードライガーに乗り換えるところ)

ドモンもシャイニングガンダムに愛着を持ってたようで、ゴッドガンダムでギアナ高地を飛び立つ時にも、壊れたシャイニングガンダムを振り返って名残惜しそうにしてるのがかなり印象に残りました。

そういえば「ガンダム00」の2期で刹那がダブルオーガンダムを起動させる時に「オーガンダムと、エクシアと…俺がいる!」と言っていましたが、ドモンがガンダムファイトの決勝リーグの開会式で「シャイニングガンダムとゴッドガンダムは3身一体だ!」みたいなことを言っていたのを思い出しました。
オマージュの多いガンダム00ですが、まさかこれも…ってのはさすがに考えすぎでしょうかね^^;


当時はシャイニングガンダムへの思い入れが強すぎてなかなかゴッドガンダムへ気持ちが移行できなかったものです。なのでライジングガンダムが登場した時はテンション上がりました(笑)
ちなみにHGの1/100ライジングガンダムはシャイニングガンダムのパーツが一部含まれてるので、組み替えてなんちゃってスーパーモードとかできますよ。



さて駄文もこのくらいにしましょう。それでは部分塗装に行ってきます(`◇´)ゞ











ちなみに管理人は、唯(一神)>>>>>>>>>律(どすこい)=憂(ヤンデレ一歩手前)>ムギ(太眉要員)>和 です。
スポンサーサイト

おゆまるとパテで今日もご飯が美味しい。



前回チラッとお見せしたこの画像ですが、チアハルヒの上半身を複製してる場面です。
IMG_2829.jpg
ガッチガチです。




今回はその手順の説明で参りましょう。

IMG_2827.jpg
まずは間接を全て抜いて、3箇所の穴にオーブン粘土を詰めます。別に練り消しでも良いかもしれません。綺麗に型を抜くのが目的ですので。
この時ベビーパウダーをオーブン粘土が接する箇所に塗布したほうが良いと思います。ワタクシは怠って後で取り除くのが大変でしたorz

そういえば、ワタクシが小学生の頃はいかに良い練り消しを持つかが一つのステータスでした。香り付きが非常に流行りましたねー。どれもこれもとんでもなく臭かったのですが(笑)特にコーラの臭いが酷かった。
思えばあの頃から粘土いじりが好きでしたね。




すみません、脱線してしまいました。

IMG_2830.jpg
今回、おゆまるを入れる器は塗料皿を使用しています。以前はわざわざダイヤブロックで組み立ててましたが、小さいサイズなら塗料皿で十分です。皿からおゆまるを剥がすのも簡単ですし、もし剥がれなくても煮れば剥がれるハズ。


型のとり方ですが、まずは片面(今回ではイエローの部分)だけを押し付け、しっかり冷えるまで待ちます。そして冷えたのを確認したらおゆまる同士が触れる箇所にベビーパウダーをしっかり塗布します。こうしないとおゆまる同士がくっついて剥がれにくくなってしまいます。

それと、煮たおゆまるはマジで熱いです。少し冷めたと思っても、今度は熱を吸収した塗料皿が物凄い熱を持ちます。単にワタクシが熱に弱いだけかもしれませんが、くれぐれも火傷にはご注意してください。朝倉さんには火傷しっぱなしですけどね!



IMG_2831.jpg
塗料皿を剥がした状態。今回は4本分のおゆまるを使用しています。





IMG_2832.jpg
透けてます。かなりギリギリの薄さでヒヤヒヤ。もう少しでおっぱいが飛び出るところでした。みくるならアウト(笑)

それにしてもおゆまるのブルーって綺麗ですね。






IMG_2834.jpg
十分に冷えたのを確認したら剥がします。





IMG_2835.jpg
すぐにでもパテを詰めたいところですが、ここでキチンと型がとれているかを確認するため、それと使用するパテの量を確認するためにオーブン粘土で型をとります。

オーブン粘土を詰める前にも型にベビーパウダーを濃い目に擦り付けます。そうでないと粘土がベタベタくっついて取りにくいんです。

今回はなかなか綺麗にできました。画像では分かりにくいですが、胸の横一文字のラインのモールドもしっかりとあります。
しかし首元のV字の青い部分とボディーの隙間におゆまるが入り込んでしまいました。粘土が型に引っ掛かって少し形が崩れてるのがお分かりかと思います。なのでここはナイフで引っ掛かる部分を削り取ります。

これを繰り返していけば綺麗な型ができるかと思います。



次はいよいよパテを詰めます(タミヤのエポキシパテを使用)。ここでもベビーパウダーをキッチリと擦りつけます。
指で詰めても良いのでしょうが、ワタクシは割り箸のお尻の平たい方にベビーパウダーを塗布してグイグイと押さえつけて詰めてます。

綺麗に詰めるコツですが、一気に詰めるのではなく、パテを半分に分けて詰めると隅々まで行き渡らせやすいと思います。この辺のやり方は力加減とか複製するパーツにもよるかと思います。


あとは一番上の画像のようにガッチガチに固定して硬化を待ちます。この待ってる時が物凄いワクテカします。


あとは固まるのを待つだけ。





おまけ
IMG_2836.jpg
寄せて上げてみました。なにやってんだろ。



ブルマー道は険しい。

ブル倉さん途中経過です。
IMG_2821.jpg
全体的に一皮剥く感じで削りました。





IMG_2823.jpg
正面。
腰のサイドと太ももの繋がりに気をつけました。




IMG_2826.jpg
横。
下腹部の微妙な膨らみは良いですよね。しかしその良さをなかなか表現できません。




IMG_2825.jpg
後ろ。
もっと太ももとお尻の境目を削ってV字に近づけた方が見栄えはよくなるかと思いますが、それだと下着か水着見たいにになっちゃいますのでこのくらいで。ちょっともっさり気味ぐらいがジャスティス。


ちなみに可動性は思ったよりも悪いです。脚が90°以上上がりません。オーブン粘土もそれほど柔軟性があるわけではありませんしね。
もっと内側から削って薄くすれば何とかなりそうですが…耐久性があまりにも心もとないです。

いやまぁビリリッと破けたブルマーを眺めるのも一興とは思いますが。




あ、シャツの作り方全然考えてないっすわ(ノ▽`)





おまけ
IMG_2829.jpg
さぁだんだん「お手軽」から遠のいていきますよ。

テーテッテテーテッテ

ペプシメ~ン!


唐突に可動するペプシマンが欲しくなってきました。

しかしペプシマンが流行ったのはけっこう昔。今では売っているところはまず無いんじゃないでしょうか。通販とかならまだあるのかな。

昔はペプシマンのCMを心待ちにしていたものです。あのテーマソングが流れるた度に言いようの無いテンションの上がり方をしていました。


というわけで制作の案を考えるだけ考えます。この案を膨らませてる時が一番楽しい。


まずはボディー。

figmaの素体のarchetype:heあたりが欲しいところですが、そう簡単にはゲットできなさそう。それに肩幅がいささか狭そうなので迫力があまり期待できません。


ならばfigma ビリーはどうだろう。
このガチムチ加減なら迫力十分でしょう。ゲットするのも簡単ですし。


塗装は?
軟質素材にラッカー系は塗れないことはないですが、遊ぶ時にメチャクチャ気を使います。

Vカラーは手に入りにくいですし。日本橋まで行かないとありません。それにいささか割高感があります。

アクリルガッシュにはシルバーなんて無さそう…とか思ったらありました(笑)検索したらターナー社の製品がヒットします。
塗料はこれでオッケィでしょうか。



さぁ来週は日本橋にペプシマン探しにいくか。



シュワァ~。





おまけ

文章だけなのも味気ないのでストックしてある朝倉さん画像を載せます。
IMG_2329.jpg
フェイトそんボディにパイルダーオン。




IMG_2330.jpg
昔のアニメとか漫画でのライバルキャラによくこういうのいましたよね。




IMG_2331.jpg
パンチラザンバー。






まさにセラフィム。

本日トータルアクセスが2000ヒットしたのを確認しました。毎日いらっしゃってくださる方々、時々いらっしゃってくださる方々、初めていらっしゃってくださった方々、ありがとうございます。

そういえば最近figmaの改造に関するキーワード検索で当ブログにいらっしゃる方が増えてます。けっこうfigmaの改造に興味をお持ちの方が多いんですね。ご期待に応えられてるとは思えませんが…基本的に朝倉さんばっかりですし。


あ、それと「朝比奈みくる パンチラシーン」で検索した人、ちょっと前に来なさい(笑)



それでは本日の記事に参ります。



セラフィム組みました。

IMG_2800.jpg
正座させるとなんとも言えぬ佇まいです。





IMG_2807.jpg
ネットでかなりネタにされるのも頷けます。こやつは無限の可能性を秘めている…。




エクシアと比較。一回り小さいです。
IMG_2809.jpg
エクシアも隙間時間にチマチマ塗ってます。あとはシールドだけ。




設定画が公開された時、「今度のガンダムは合体するのか!?」とか言われましたが、なんと既に合体してる状態だったとはっ!


絵だけ見るとこんなに滑稽なMSもいないんですが、実際にアニメで動いてるのを見るとめちゃくちゃカッチョいいんですよね。ティエリアボイスもあいまって。最後のトライアルシステム発動時は感動しながら笑ってました(笑)まさか「顔が2つたぁ生意気な!」状態になるとは。
IMG_2819.jpg
目に付く箇所だけ塗装してます。肘、手首はメタグリーン、額はSEEDレッドを薄め液で薄めたもの、デッカイ顔の目はメタグリーンにブルーを混ぜてます。メタグリーンばかりだといささかくどいですし。
小さい方の顔はシールです。細かすぎて塗る気がありません(笑)

そういえば00のキットを作ってると使いどころの少ないメタグリーンをちょくちょく使えるようになって嬉しい。普段は目ぐらいにしか使いませんしね。


さて、キットとしてはいささか消化不良な部分があります。ますMS形態ですが、腕がかなり短く感じます。たしかアニメでは伸びてたような。これは要改造ですね。

バックパック形態にしてもセラヴィーに付属してる固定状態の方が砲身はよく動く、下半身のスラスターの見た目等完成度は高いですしね。正直どっちつかずなイメージを持ちました。

しかしながらこの小ささで可動範囲はエクシアよりもダンチです。エクシアはポリキャップを極力使わないのでいささか動かしづらく、磨耗も気になります。対してセラフィムは新ポリキャップをふんだんに使用することにより可動範囲、対磨耗性はエクシアよりも上回っています。このあたりガンプラの進化は素晴らしいです。



そういえばこのセラフィムには長いビームサーベルが2本、短いダガーモードが1本付属しています。00シリーズのキットが発売されるにつれてクリアのビームサーベルがとても貴重なものに思えてきます(笑)エクシアに付属していなくてヴァーチェに付属してると初めて知った時には愕然としましたよ。




おや、ダガーと聞いて黙ってられない人がやってきたようです。




IMG_2816.jpg
隠れてませんよ朝倉さん。



実はこのセラフィムを使って「キョン!セラフィムを拾ってきたわよ!」とかやりたかったんですが、figmaの背中の穴の径とセラフィムの軸の径が違うので断念しました。


それでは今回はこの辺で失礼します。




おまけ
IMG_2802.jpg
夜中に動き出しそうな…。













朝比奈みくる 戦うウェイトレスver. で遊び倒そう! その3(完)

正直かなりめんどくさくなってました。このシリーズも今回で終了です。(その1その2からです)

画像はクリックで拡大します。

IMG_2556.jpg
panpan!





IMG_2561.jpg
シュッ…





IMG_2677.jpg
「きゃっ…」





IMG_2732.jpg






IMG_2690.jpg






IMG_2693.jpg





IMG_2698.jpg


さっきからパンツがチラチラ見えて辛抱たまらんわけですよ。





IMG_2704.jpg
タンッ





IMG_2708.jpg
「こうなったら最後の手段です…っ」シュタッ





IMG_2717.jpg
「ミ、ミ、ミ…」







IMG_2712.jpg
「ミクルビームッ!」





IMG_26542.jpg
「とりゃー!」




IMG_26592.jpg
「ほわらー!」



コピー ~ IMG_266522
「えりゃぁ…っ!」

撮影ブースも限界です。




IMG_2735.jpg
ぺしぺし




IMG_2738.jpg
「そ、そんなぁ…」ガクッ





IMG_2740.jpg
「それで終わり?」

再びパンチラ。





IMG_2743.jpg
「ミクルさん!」






IMG_2749.jpg
「んもっふ!!」ブチッ





IMG_2757.jpg
「ミクルさーん!!」






IMG_2747.jpg
ゴォォォォォ





コピー ~ IMG_2758
ヒュン!





IMG_2783.jpg
「あ、あなたはもしかして…伝説の…」






IMG_2763.jpg
「僕は…」






IMG_2762.jpg
「スーパーセイヤ人イツキです!」シュオシュオ(←オーラ)





IMG_2784.jpg
「…」
「…」
「…」



終わります。レフ版が見切れてることに後で気づいたあたり投げやり臭がプンプンします。





おまけ
IMG_2498.jpg
やはりこの表情と銃の組み合わせはナイス。




IMG_2409.jpg
どこかのエージェントみたいな。




最後に壁紙サイズでセイヤ人イツキを載せようとしましたが、ファイルサイズが500kbまでしかダメなんですね。残念。
ちなみにスーパーセイヤ人イツキの髪はセイバーのものの凸接続部を少し削って装着してます。




長々とやってまいりましたが、それだけこのウェイトレスみくるは遊べます。ついでに胸元のホクロも再現されてるというこだわりっぷりですしね。




それではお付き合いいただきホントにありがとうございました。ミクルより朝倉さんや古泉の方が多い気がしますが気のせいですよね。



父の日。

コピー (2) ~ IMG_2778






最初は「乳の日」とか言っておっぱい特集でも(以下略)

あれも作りたいし、これも作りたい。

最近可動フィギュア化したいキャラが沢山いてたまりません。

しかし実際に手を動かして何かを作っているとその難しさ、そして完成品の凄さに改めて驚かされます。

その第一歩のブルマー制作の途中経過です。




IMG_2724.jpg
前。
IMG_2726.jpg
後ろ。

オーブン粘土を焼いて硬化させ、その塊からデザインナイフで削りだしていきます。柔らかいのでサクサク削れます。表面処理も流し込み接着剤を含ませたティッシュで擦ればオケーイ。細かい気泡なら埋めてくれますし、艶消しにもなりま。換気は絶対必要ですが。



試しに履かせてみます。
IMG_2727.jpg

IMG_2728.jpg

IMG_2729.jpg
まだまだダメです。全体的にもう少し削ろうかな。
それにしてもお尻の色気を出すのが難しすぎる(;´д`)もっとこう、プリッと!プリッと!!

ブル倉さんあれこれ。


白タイヤキ初めて食べましたがなんだか不思議な食感。生地はちゃんとタイヤキの味がするのにどこか生っぽい。うぐぅ。


さて、朝倉さんのブルマーをどうやって作ろうかあれこれ考えてますがどうにもコレといったアイデアが浮かびません。

今考えてるのは…

①エポパテで作る。
→やはり軟質素材にしたほうが良いので却下。

②figma本体にラップを巻き、そこにオーブン粘土を盛って制作。
→手っ取り早く思えるが表面処理がめんどくさいオーブン粘土でどうやってやるのか?

③エポパテで原型を作り、おゆまるで型取り。その型にオーブン粘土を詰めて制作。
→時間がかかりますが一番確実な気がします。同じものが色違いで量産できますし。


ネックなのがやはりオーブン粘土の表面処理がめんどくさいこと。少なくともワタクシの技術では困難です。


あ、ここで閃きました。

オーブン粘土の成分はプラスチック樹脂です。ということは・・・

タミヤセメント(流し込みタイプ)で溶ける!・・・かも。

硬化後のオーブン粘土で実験してみましたがガンガン溶けます。PVCよりも勢いがあります。デロデロです。


表面処理が意外と簡単にできる可能性が高まってきたので俄然ヤル気が出てきました。


ジーク・ブルマー。

ハイル・ブルマー。








朝比奈みくる 戦うウェイトレスver. で遊び倒そう! その2


その1からです。画像はクリックで拡大します。


IMG_2523.jpg
「イツキ君っ!」ダッ





IMG_2524.jpg
「はぁはぁ…」

K「ハァハァ」





IMG_2527.jpg
カツン

「はぁはぁ…」

K「ハァハァ」


構図の使いまわしですな。

IMG_2534.jpg
「逃げずによく来たわね」





IMG_2531.jpg
「あたりまえです!イ、イツキ君を返しなさーい!」





IMG_2535.jpg
「うん、それ無理♪」パチン





IMG_2538.jpg
ガラガラガラ(←上から降りてくる感じ)





IMG_2541.jpg






IMG_2543.jpg
「だって彼はもう私のモノなんだもの♪」グイグイ

「うっ!…ふぅ…」


古泉俺と代われぇぇぇぇぇぇ。




IMG_2547.jpg
「…取り戻します!」





IMG_2506.jpg
「変身!」

テッテッテレテレーテッテッテッテ





IMG_2502.jpg





IMG_2548.jpg
パラリラー





IMG_2668.jpg





IMG_2553.jpg
「覚悟なさい!」






IMG_2554.jpg
「♪♪」

正直に言いましょう。このメイド朝倉さんがやりたかっただけなんです。






IMG_2556.jpg
「てやーっ!」パンパン





IMG_2561.jpg
シュッ…



K「始まってしまった男(変態)の取り合い。交わらない彼女たちの想い。イカの香りの中、彼女たちが見たイツキはとは…。 次回朝比奈みくる 戦うウェイトレスver. で遊び倒そう! その3。駆けろ朝比奈ミクル、頑張れミクル」


それでは次回もお楽しみに…してるのは私だけですね。ハイ。



朝倉さんと呂蒙ボディのシンクロ率が凄まじいです。

その上を行く古泉+縛りはまさにエクセレント。ふぅ…。

figma 036 朝比奈みくる 戦うウェイトレスver. で遊び倒そう! その1

IMG_2399.jpg
おしゃまなキューピット参上。



昨日友人と劇場版グレンラガンを観に行きました。簡単な感想は最後に。




ブル倉さん途中経過。
コピー (2) ~ IMG_2643
とりあえずペイントでブルマーとシャツのバランスを軽く確認。こんなもの…かな。ブルマーってけっこう深くまで履けるもんなんですよねー。




さて、先月末に手に入れたウェイトレスみくるです。表情パーツが限定的なところを除けばかなり遊べてオススメ。制服バージョンがあればお互いに魅力がさらにアップです。

今回はかなり長くなるので3日くらいに分割します。


それでは参りましょう。(画像はクリックで拡大します)




最初に気がついたのは太ももの肉付きが大幅に増量されたこと。
IMG_2417.jpg
左がウェイトレスVer.、右が制服Ver.です。

IMG_2418.jpg
これはたまらんです。この太ももだけでも買う価値はあります(拳を握り締めながら)。
横から見ると分かりやすいですが、足の付け根のジョイントがすっぽり隠れています。これは嬉しいです。




IMG_2488.jpg
髪の色も違います。




IMG_2490.jpg





IMG_2494.jpg
表情パーツはウインク顔とミクルビーム発射時の顔。どちらも良い感じです。

ウインク顔は大人っぽくて素敵。


ミクルビーム顔はホントにエロイです。エロイです。





おや、ハルヒがメガホンを持ったようです。

IMG_2412.jpg
「みくるちゃん!映画を撮るわよ!」

「あの…ミクルラガンはもうイヤですよ…?」

「…思い出させないでちょうだい…」





IMG_2507.jpg
K「長門ユキを退けた朝比奈ミクルと古泉イツキは平和で幸せな毎日を送っていた。嘆かわしいことに」



IMG_2509.jpg
「それではまた明日に、朝比奈さん」

「また明日!」




IMG_2512.jpg
カツン




IMG_2517.jpg
「あなたは…一体どなたですか?」

「・・・」





IMG_2520.jpg
ブワッ

「くっ、この風は・・・!?」




コピー ~ IMG_2521
「うわぁっ!」ビュオー

K「お約束の主役級のピンチ。よしよし」




IMG_2522.jpg
「こ、これは…」

K「挑戦状が来たようです」




IMG_2523.jpg
「イツキ君っ!」ダッ

K「駆けろ朝比奈ミクル。愛する男のために」




それでは今回はこの辺で失礼します。



その2へ続きます。




劇場版のグレンラガン感想です。
すんごく凝縮された内容で大満足。声優さん達もノリノリで非常に熱く、温かい作品でした。これでグレンラガンも見納めと思うと寂しいものです。

あ、それと…(ネタバレ含むので以下反転で)

まさかヨーコとニアのB地区が公式で拝めるとは思わなかったです(笑)
前作はニアのパンチラもありましたしね。パンチラはその時には気づかず、後で友人に言われて初めて気づきました。だってアディーネの脚線美に見とれてたんだもん。

個人的クライマックスであるキタンの特攻は涙が出そうになりました。さすがきーやん。素晴らしいギガドリルブレイクでした。ありがとう。

ロージェノムもアニメではなかったカテドラルラゼンガンへのハッキングシーンで見せ所が増加。切羽詰ったシーンですが正直笑ってしまいました(笑)ポリゴンロージェノムは反則です。

まさかの天元突破ガンメンたち勢揃い。ニアがガンメンに乗って戦うのは新鮮でした。第一印象は「現代版アフロダイ」ですね。

と思ったら本当の現代版アフロダイはヨーコのガンメンでしたwあの空気でおっぱいミサイルとかwww

とりあえずリボルテックシリーズははネタに困りませんね。

いつの間にかアンチスパイラルが感情を前面に。テレビ版では無機質で冷静なイメージが勝っていましたが、それが完全に覆されました。まるで聞き分けの無い子供を叱り付けるみたいな(笑)それにしても上川隆也さんがノリノリすぎる。←この辺はパンフレットにも書いてありますね。

最後はまさかのシモンとアンチスパイラルの殴り合い。前作でのロージェノムとの殴り合いを彷彿させます。
ラガンインパクトでとどめを、と思いきやドリルが砕かれた瞬間は驚きました。万事休す、というところでラガンが自分の意思を持ったかのようにシモンを投げ飛ばすシーンは良かったですね。これまでラガンが意思表示したシーンは無かったと思うのでいささか唐突ではありますが。テレビ版を制作した時から考えていたのかな。


今度こそさようならグレンラガン。そしてありがとうグレンラガン。












オーライザーの魅力。その3

 IMG_26442


完。どう見ても出オチです本当にありがとうございました。

【やっぱり】 figma 032 涼宮ハルヒ チアガールVer.  【朝倉さんですよ】

ポニテの真価発揮。


IMG_2566.jpg
チアハルヒが安くなってたのでゲットしてきました。スポーティーなので動かしやすいです。
やはり朝倉さんはどんな格好させてもサマになります。




IMG_2568.jpg
朝倉さんならかっ飛ばしてくれるハズ。何を、とは言えませんが。

そういえばバットを短く持たせると女の子度がグッと上がる気がします。









IMG_2577.jpg
外野を守る朝倉さん。腋とお腹に目が行きます。





IMG_2580.jpg
パシッと。





IMG_2586.jpg

IMG_2587.jpg
こんな娘に応援されたらたまらんですよ。ハイ。





IMG_2611.jpg
朝倉さんは左打ちだと思うんだ。いや、自分が左打ち(右打ちもOK)なのでアクションさせやすいというのもありますが。
それにしてもヒッティングアクションは難しいです。15枚くらい撮りましたがなかなか上手くいきません。



さて、前置きはこのくらいにして。

このチアボディを使って体操服Ver.を作りたいなと考えております。具体的なプランはまだ固まってませんが、できるだけ手軽に、安くという風にはやりたいですね。



PS:側頭部の辺りのトップコートが剥がれてきました。やはり一番触れる箇所はすぐに剥がれますね。



おまけ
IMG_2620.jpg

IMG_2637.jpg

IMG_2630.jpg
ニーソを装備。確かに魅力的にはなるんだけど、どことなくエロゲのキャラっぽくなるなぁ。

【かがミク】 オーライザーの魅力。 その2 【可愛い】

IMG_2487.jpg
「くっ、ガンダム…」





IMG_2484.jpg
ポイッ





IMG_2486.jpg





IMG_2482.jpg
「オーライザードッキングモード。オーライザードッキングモード」

「ドッキングセンサー!」






IMG_2457.jpg




IMG_2463.jpg




IMG_2462.jpg




IMG_2466.jpg




IMG_2467.jpg
「破壊する…破壊する…!」





IMG_2468.jpg
「俺達が、俺達の…!」




IMG_2471.jpg
「意思で!!」

「ジニン大尉ぃぃぃぃ!」





IMG_2454.jpg
というわけでダブルオーライザー再現ごっこでした。

オーライザーは無限の可能性を秘めてます。



IMG_2453.jpg
それにしても可愛い。



オーライザーの魅力。

先日オーライザーゲットしました。ダブルオー持ってませんけど(笑)

まだGNソードⅢ付属のダブルオーライザー通常カラーとか発売されそうですし。実際これこれは追加装備付属で発売されますしね。


とりあえず仮組み。
IMG_2452.jpg
かなりカッチョ良いです。よくぞ単体で出してくれました。合わせ目も目立たず、ゲート処理もラクチン。色分けもバッチリなのでスミ入れとトップコートだけでも十分かも。




しかし単体ではさすがに遊びにくいので…


IMG_2447.jpg
初代ガンダムと合体します。これが意外とサマになって困る。





IMG_2446.jpg
個人的に傑作機のストライクノワールと合体。オーライザーをノワールに合わせて塗装するだけでグッと締まりそうです。





IMG_2450.jpg

IMG_2451.jpg
ジムライザー。なんというオーバースペック。




キリが無いのでこの辺で失礼します。

全記事一覧
一気読みしたい時はこちらからどうぞ。
記事一覧
プロフィール

ななみ

Author:ななみ
朝倉さん中心です。

Twitter
TweetsWind
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
おにんぎょう遊び
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。